剣道の審判のジャッジ

Home>剣道の審判のジャッジ

審判の立ち位置
3人の審判でトライアングル状に立って動きながら判定する。
中央が主審で残りの2人が副審となる。

審判のジャッジ
状況 かけ声
試合開始 はじめ
試合中止 やめ
1本入った時 面あり・こてあり・胴あり・つきあり
勝負がついて試合終了の時 勝負あり
引き分けで試合終了の時 ひきわけ
膠着して試合が動かない時 わかれ
3本目の試合開始 勝負
反則をした場合 反則1回
2本目の開始 2本目
延長戦の開始 延長、はじめ
判定する時 判定

審判のポーズ

はじめ 中止 引き分け
無効 有効 反則
分かれ 反則の宣告 合議
棄権 両方反則


剣道の初心者