剣道のルール

Home>剣道のルール

ルール

試合時間は基本5分で行います。

2本先取した選手の勝利です。

試合時間内に勝負が決しない場合、1本とっているほうの勝ちとなります。

0対0や1対1の場合、延長もあります。

延長の場合、1本先に取った選手の勝ちとなります。

延長でも決着がつかない場合、3審判による判定で勝敗をつけます。

旗が多く上がった選手の勝ちとなります。



試合の流れ
お互いに向かい合い礼をして、構えながらそんきょをして剣先を交える。

お互いに向かい合い礼をして

主審の「はじめ」の合図で試合開始です。

勝負がついたら、竹刀を交えてそんきょをして竹刀をおさめる。

その後、立って後ろに下がって礼で退場する。



道具の規格

中学生の竹刀の長さは114cm以下です。男子の重さは440g以上です。女子の重さは400g以上です。竹刀の太さは男子が25mm以上です。女子が24mm以上です。
高校生の竹刀の長さは117cm以下です。男子の重さは480g以上です。女子の重さは420g以上です。竹刀の太さは男子が26mm以上です。女子が25mm以上です。
一般と大学生の竹刀の長さは120cm以下です。男性の重さは510以上です。女性の重さは440g以上です。竹刀の太さは男性が26mm以上です。女性は25mm以上です。
二刀流の場合
大刀の長さは114cm以下です。男性の重さは440g以上です。女性の重さは400g以上です。竹刀の太さは男性が25mm以上です。女性が24mm以上です。小刀の長さは62cm以下です。重さは280〜300gです。女性は250g〜280gです。太さは24mm以上です。

剣道の初心者