構え方

Home>構え方

構え方
右足と左足の間隔をこぶし一個分程度の間を開け、自然に立つ

その状態から、左足を引く

左足の前方へ体重を乗せて、かかとを浮かせる、

肩の力を抜いて、胸を張る。

竹刀が体の中心に来るように

右手は前、左手は後ろ

へその下からこぶし一個程度あけた位置に左手がくるように

構え方を見るだけでその相手が強いか弱いか分かるくらい、

強い剣士は綺麗で隙がない構えをしています。

肩に力が入っていたり、逆に剣先が高く

姿勢が悪いと相手に力量を把握されてしまい

試合を有利に運ばれてしまいます。

剣道の初心者